プロ認定者が語る!クラウドソーシングを勧める5つの理由[寄稿]

シェアする

先日、Twitterのリツイートから日本社会のまどろっこしさをスパッと斬っている爽快なブログ記事を知りました。

子どもの頃から感じてきた日本のどんより感を気持ちよく表現してくださっていて、とても親近感を覚えました。

「こんな素敵な感性の方に是非記事を書いていただきたいっ!」

そう思ってすぐにブログ主の雨宮さんにコンタクトを取ったところ、快く引き受けてくださいました。

雨宮さん、ありがとうございます!

ではみなさん、以下、寄稿記事をお楽しみください!

98302568a19e3739683afe0752d78d94_s


はじめまして! 『ドイツ発 雨宮の迷走ニュース』というブログを書いている雨宮と申します。

クラウドソーシング仲間ということで、今回は湖衣さんに寄稿のお話をいただきました。クラウドワーカーの一人として、「なぜクラウドソーシングがお勧めなのか」について書かせていただきます。

10月半ばにクラウドワークスでプロクラウドワーカー認定されたので、タイトルには「プロ認定者」と銘打ってみました(笑)

クラウドソーシングってなによ?

「そもそもクラウドソーシングってなに?」というご質問に答えます。簡単に言えば、お仕事仲介サイトです。

「美容に関する記事を書ける人をさがしてます!」という個人や法人が案件を公開し、「書きます!」という人が仕事を受注します。お部屋さがしサイトと似ていますね。「入居者募集!」「住みたいです!」といった感じです。支払いや相談もサイト上で行えます。

だれでもはじめられることから、ライティング案件が多く、受注者もたくさんいます。ほかにも、プログラミングやイラスト作成のお仕事なんかも転がっています。

これが結構重要で、「仕事が常にある状況」というのはとても魅力的です。サイトを開けば仕事があるんですから、いつでも仕事ができます。

クラウドソーシングが向いてるのはこんな人

クラウドソーシングは、仕事受注のハードルが低いのが特徴です。そのぶん単価も低めですが、時間や場所の制約も少ないので、副業として人気です。

サラリーマンが片手間にお小遣いを稼いだり、子育て中で外に働きに出られないパパやママが収入を得る手段として利用していることが多いようです。

フリーランサーになったはいいけど、なかなか仕事が見つからない人なんかにも便利です。

クラウドソーシング上には無数の案件があるので、「ライティングなんかしたことない……」という方でも、簡単に仕事がはじめられます。

むしろそういう人が多いからこそ、最初は単価が低く設定されている案件が多くなっています。 (参考:クラウドワークスを1ヵ月やって、「単価を上げる」ってどういう意味か考えた

・空いた時間でお小遣い稼ぎをしたい

・ライフスタイルを左右されずにお金を稼ぎたい

・在宅で収入を得る手段がほしい

こういう、「フルタイムで働くことはできないけど収入がほしい」という方には、クラウドソーシングは特にお勧めです。

クラウドソーシングのメリット

ではクラウドソーシングではなにができるか。お金が稼げます。

クラウドソーシングのポイントは、「どこでも」「だれでも」「いつでも」仕事をはじめられるところです。

住んでいるところが田舎で仕事が見つからない。子育てや介護で家から離れられない。闘病中でハードワークができない。そんな方でも仕事を受注できるのです。

毎日30分作業して500円稼ぐことも可能ですし、予定のない休日に1日で5000円稼ぐことも可能です。

場所や時間にとらわれない働き方が可能なので、隙間時間で収入を得ることが出来ます。逆に「がっつり稼ぎたい」という方は、どんどん仕事を受注すればそのぶんだけお金を稼ぐことが出来ます。

働き方に縛られずに収入を得られるのが、クラウドソーシングの一番のメリットです。

クラウドソーシングは稼げますよ?

一番気になるのはやっぱり収入です。巷では、「クラウドソーシングは稼げない」と言っている人が多くいます。本当に稼げないのでしょうか?

いいえ、稼げます(断言)

わたしは「ちょっとやってみるか」という気持ちでしたが、1週間で3万円稼ぎました。(参考:クラウドワークスで稼げる理由と、1週間で3万稼いだ方法

案件には文字数や報酬があらかじめ提示されているので、基本的には納品したぶんだけ報酬がもらえます。なので、「稼げない」というのはまちがっています。

場合によっては「コンペを勝ち抜いた人にだけ報酬」「校正がOKだった場合のみ報酬あり」という案件もあるので注意してくださいね。

初心者の方でも、ある程度慣れてくれば納品までの時間も短縮できるので、ちゃんと稼げます。評価が高い受注者には、高単価案件がまわってくることもあります。

経験のない方でも、気になる案件はどんどん申し込みましょう。仕事は腐るほどあります。それで稼げないなんて嘘です。

単価を見て「稼げないのではないか」と思う方も多いと思いますが、単価は上がります。

最近ではクラウドソーシングで名前を売り、月30万円以上稼いで独立している人も見かけます。あくまで極端な例ではありますが、不可能ではありません。

生き方の選択肢を増やすのがクラウドソーシング

最近、なんでクラウドソーシングが話題になっていると思いますか?

雇用としては不安定だし、稼げるとはいっても安定した収入を得られるのは一握りです。それでもクラウドソーシングは注目されているのです。それはなぜか。

クラウドソーシングは、生き方の選択肢を増やしてくれるからです。

地方では、バイトの時給が低いことも多いでしょう。それなら家で隙間時間に稼げるクラウドソーシングは、とても便利です。子育て中のママさんにだって、「自分の収入」を手に入れることが出来ます。

お化粧してバイト先まで行って制服に着替えて……という手間を考えれば、家で好きなときに好きなだけ仕事が出来るクラウドソーシングは、画期的です。

日本ではリモートワークや時短ワークなどがまだ一般的ではないので、クラウドソーシングは新しい働き方として注目されているのです。

たしかにフルタイムの労働より報酬が少ないことがほとんどですが、「いつでも収入を得る手立てがある」というのは、多くの人の救いになります。収入を得る手段を複数持っておくことに越したことはありません。

気になる方はすぐにやってみよう!

「ちょっとやってみたいな」と思ったそこのあなた! クラウドソーシングは、登録料はかかりません。イヤなら放置すればいいだけです。気が向いたとき、月3000円稼ぐだけでも問題ナシ。

「クラウドソーシングやらないやつはバカ」とは言いませんが、気になっているのにやらないのはもったいないです。

とりあえず登録して、さらっと見てみて、気が向いたときにやればいいんです。 なにも気負う必要はありません。気になる方は登録してみましょう。

ちなみにわたしはクラウドワークスを使っているのですが、割とあっさりプロ認定されました。お小遣い稼ぎの人が多いようなので、少しがんばればあなたもプロ認定されます。

会社勤めだけが働き方ではありません。自分のライフスタイルを優先させつつ収入を得たいのであれば、クラウドソーシングはお勧めです。

以上、『ドイツ発 雨宮の迷走ニュース』の雨宮がお届けしました。

クラウドソーシングに興味がある方、初心者の方のお役に立てればうれしいです! 湖衣さん、今回は寄稿させていただきありがとうございました!