LCC | ジェットスターの松山成田便でトライしたウェブチェックイン方法を全面披露!

シェアする

※この記事は2014年10月現在の情報を元に作成されました

すべてをペーパーレス化したい

http://flyteam.jp/photo/640199
reference:flyteam

LCC、いわゆる格安航空券で飛行機を利用するとき、できれば航空券や搭乗券のペーパーレス化を図りたいですよね。

少しずつKindleでの読書時間も増えてきた私ですが、旅行中の紙ベースのチケットは煩わしいものです。

ウェブチェックインの魅力

松山に就航しているLCCはジェットスターとピーチの2社。

ジェットスター | LCC 格安航空券予約・購入・運賃案内
とくに成田便のジェットスターは搭乗48時間前からウェブチェックインができるので大変便利です。

今年(2014年)3月に利用したときは、自宅のパソコンでウェブチェックイン後(スマートフォンでも可能)、確認メールに添付されているPDFファイルをコンビニでネットワークプリントから印刷しました。

皆様☆こんにちわ(*^ー^)ノさて。ワタクシ。超絶個人的な理由で、LCCを使う事が多くなると予想されまして(*´∀`*) エヘッ果たして、格安飛行会社LCCを…

こちらのブログ記事が参考になりました。

これだとチェックイン済みの搭乗券として使えるので、空港ではジェットスターのカウンターを素通りし、そのまま保安検査へと進むことができます。

もちろん、保安検査の係員にプリントアウトした紙を見せれば問題なしです。

Dropboxなどクラウドに保存しておけば、もし紙をなくしても何度でもプリントアウトすることができます。

帰りの搭乗券は旅先でコンビニからプリントアウトするともっと紙を持ち歩く手間がなくなりますね。

ネットワークプリントサービス
ネットプリント

スマートフォン画面だけでOK!?

ただ、今回、半年ぶりで東京に行くとき調べたネット情報で、ウェブチェックイン搭乗券のスマートフォン画面を見せればペーパーレスですべてまかなえた、と書いてあるブログがあったのでトライしてみました。

松山空港の保安検査口へ意気揚々とスマートフォン画面を見せました。

結果は、

『紙のチケットをカウンターで出してもらって来てください』

と言われてしまいました…(涙)

ウェブチェックインを済ませているから、と食い下がりましたが取りつく島がなく、スマートフォンや財布を載せたトレイを抱えたまま階下のジェットスターカウンターまで向かいました。

少なからず敗北感がありましたね。

カウンターでの煩わしいやりとり

2bb02c60083c549f6eba1f025775e900_s

結局、空港のカウンターでは名前を言わされて、身分証明書も提示させられてレシートタイプの搭乗券をもらいました。

これなら、前もってプリントアウトしとけば良かったです。

15380626_809740215832142_7768299929176698423_n

でも、カウンターならではのサービスというか、非常口近くでスペースの広い座席に変更してもらったのはラッキーだったかな。

ジェットスターは座席のランクに応じて座席指定手数料が掛かるので。

まあ、今度からは面倒なカウンターのやりとりは避けたいので、やっぱりプリントアウトしてから空港に行きます。

ウェブチェックインまとめ

ジェットスターのウェブチェックイン搭乗時間48時間前から搭乗手続きができるので、当日空港でカウンターに行かなくて済む超絶便利なサービスです。

ただ、やっぱり紙ベースの搭乗券は必要なので、ウェブチェックインをしたらプリントアウトをして空港へ向かいましょう。

eyecatch photo by flyteam